認知症や持病を患っても、
住み慣れた地域で、顔なじみの人たちと、
最期まで自分らしい「生き方」を。

小規模多機能ホーム 柳花荘は、そんな願いに寄り添う介護サービスです。

小規模多機能ホームとは

介護や支援が必要となった高齢者(利用者)様が、住み慣れた自宅や地域での生活を継続することができるように、利用者様の心身の状態や希望・必要性に応じて、「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスを一体的に提供する介護サービス事業所です。

既存の在宅介護サービスとの違い

小規模多機能ホームでの「通い」「訪問」「宿泊」は、既存の在宅介護サービスの「通所介護(デイサービス)」「訪問介護」「短期入所生活介護(ショートステイ)」にあたりますが、比較すると違う介護サービスとなります。
デイサービスは一般的に、施設が決めた時間割に沿って、利用者はレクリエーションに参加したり、食事をしたり、入浴したりして過ごします。
一方、小規模多機能ホームでは、利用者は自分の生活に合わせた時間の過ごし方ができます。一日を通して利用する人もいれば、食事のみ、入浴のみに数時間だけ利用する人もいます。
訪問介護は、ヘルパーが時間単位で利用者の自宅を訪れ、決められた訪問介護サービスの枠に合わせて支援を行うものです。
小規模多機能ホームの「訪問」では、利用者は必要な時に必要な量の支援を受けることができます。例えば身体的な介護のほか、散歩の付き添い、安否確認や服薬のための短時間だけの訪問も可能です。緊急時は昼夜を問わず駆け付けてもらえるのも心強いポイントです。
ショートステイは、あらかじめ利用したい日時を施設に予約することが必要です。もし希望の予約が取れなければ、日程を変更するか、他の施設を探さなければなりません。
小規模多機能ホームでは、利用者は日中「通い」を利用した施設にそのまま「宿泊」することができます。また、本人の体調や家族の急用や急病などの緊急時にも利用できるので安心です。
24時間365日切れ目なく、利用者様の生活に合わせて「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスをご利用いただけます。

24時間365日切れ目なく、利用者様の生活に合わせて「通い」「訪問」「宿泊」の3つのサービスをご利用いただけます。

利用定員

登録
29名
通い
1日あたり18名以下
泊り
1日あたり9名以下

利用料金

1月あたり。 ※1割負担の場合
基本の利用料金は介護度に応じて、月額定額料金となっています。
要介護1
10,364円
要介護2
15,232円
要介護3
22,157円
要介護4
24,454円
要介護5
26,964円
要支援1
3,418円
要支援2
6,908円
その他加算料金が加わります。

その他の費用

食費
朝食 400円  昼食 500円  夕食 600円
泊り
3,500円 (1泊)
柳花荘の名前は「柳緑花紅」(柳は緑色をなすように、花は紅色に咲くように、ありのままの姿が一番美しい)という言葉に由来しています。 利用者様のありのままの美しさを大切にしたい、という私達の気持ちを込めました。

柳花荘の名前は「柳緑花紅」(柳は緑色をなすように、花は紅色に咲くように、ありのままの姿が一番美しい)という言葉に由来しています。利用者様のありのままの美しさを大切にしたい、という私達の気持ちを込めました。
Copyright 2020 Senshinkai All Rights Reserved